更年期の不調改善サロン ホリスティック メノポーズラボ

初経から閉経その先の未来まで女性を生涯輝かせるサロン
更年期のお悩みならどんな些細なことでもご相談くださいませ。

 

HOME ≫ Holistic Menopause ≫

Holistic Menopause
ホリスティックメノポーズ(更年期)について

更年期(メノポーズ)とは?

137631524_3577015945730441_5778245807921570080_o

ホリスティック メノポーズプログラム 2021年立春大吉デビュー


●更年期について簡単にご説明させていただきます。
閉経とは、卵巣の活動性が次第に低下し、ついに月経が永久停止することを言います。
一般的には、12か月以上月経が来ないことを閉経としています。

日本人の平均閉経年齢は、約50歳ですが、個人差が大きく早い人で40歳代前半・遅い人で50歳代後半に閉経を迎えます。

閉経前後の5年間を更年期と呼び、この期間に現れる様々な症状の中で他の病気に伴わないものを更年期症状と呼び、その中でも症状が重く日常生活に支障を来すものを更年期障害と呼びます。

更年期障害の主な原因は、卵胞ホルモン(エストロゲン)の低下でこれに年齢に伴う体の変化と精神・心理的な要因、社会文化的な環境因子が複合的に影響することで症状が出ると考えられます。
女性が定年まで働く時代 更年期世代のサポートだけでなくプレ更年期と言われる30代女性の不調が深刻化しています。


●更年期障害の症状は、大きく分けて3つに分類されます
*自律神経の失調症状
のぼせ、汗、寒気、冷え性、動悸、胸痛、息苦しさ、疲れやすい、頭痛、肩こり、めまい

*精神症状
イライラや怒りっぽいなどの情緒不安定、抑うつ気分

*その他の症状
腰痛、関節痛、吐き気や食欲不振、皮膚の乾燥やかゆみ、尿が近く外陰部の不快感
その他多彩な症状がみられますが、これらが他の病気の症状ではないことが条件となります。


(公益社団法人 日本産科婦人科学会ホームページより)

 

30代女性には、結婚・妊娠・出産・子育てと大きな人生のイベントが控えている場合も多く 当サロンでは、プレ更年期である30代女性の不調からサポートをスタート。キャリアアップも女性としての幸せも両方実現できるお手伝いをしております。

更年期チェック

もしかしたら更年期?
まずは、このチェックからスタートしましょう。
こんなことも更年期障害の一種なのだとか?と気づくことがいっぱい!
チェックするだけでも不安が解消されます。
 

体に関する20のチェック

 生理時に出血量が減ってきた。
 生理の周期が短くなってきた。
 顔がほてることがある
 首から上に汗をかきやすい
 腰や手足が冷えやすい
 息切れや動悸がする
 便秘、下痢、消化不良が起こりやすい
 頭痛、めまい、吐き気がある
 疲れやすい
 肩こり、腰痛、手足の痛みがある
 膝、手首、指先など関節がこわばる
 ダイエットしても体重が減らない
 頻尿気味である
 尿漏れが時々ある
 眼がかすむ
 老眼がひどくなってきた
 膣粘液が減少してきた
 デリケートゾーンがかゆい
 口が渇く
 口臭が気になる

イメージ③

心に関する10のチェック

 眠りが浅い
 怒りっぽくなってきた
 意味もなくイライラする
 クヨクヨしやすくなってきた
 以前より涙もろくなってきた
 固有名詞が思い出せない
 物忘れが多くなってきた
 判断力が鈍ってきた
 意欲の低下を感じる
 元気な友人に嫉妬を覚える

お肌に関する10のチェック

 肌の乾燥がひどい
 肌がかゆい
 肌がたるんできた
 肌のくすみがある
 しわが増えた
 シミが増えた
 髪の毛のハリがなくなってきた
 白髪が目立つようになってきた
 髪が薄くなってきた
 爪が弱くなり、割れやすくなってきた

・合計点数が5点以下・・・今のところ心配なし
・5点から10点・・・更年期予備軍
・11点から20点・・・女性検診を受けるなど更年期対策を始めましょう。
・21点以上・・・ライフスタイルを見直し、積極的に更年期障害の予防をする時期に来ています。

また、上記以外に
子宮筋腫、子宮内膜症、卵巣嚢腫、子宮腺筋症、生理痛、月経不順など女性特有の慢性疾患がある方や
高齢出産、不妊治療など経験者の方も更年期障害の症状が早めに出やすいと言われています。
早め早めの対策で更年期障害で苦しまないようにホリスティック・メノポーズラボがサポートさせていただきます。

何なりとご相談くださいませ。

 

ホリスティックメノポーズセラピーとは

fbfe14c7b1a2934330e06607fb4dbbed_s_コピー

もしかしたら、更年期かもしれない?と感じた時
残念ながら今の日本は、更年期をポジティブに捉えて受け入れる環境にはありません。
「もう歳?」「おばさんになった!」「女じゃなくなった!」などネガティブな心無い言葉をかけられることもよくあることです。

しかし、いわゆる更年期と言われている45歳から55歳の10年は、閉経時期に個人差はありますが女性にとって様々なことが怒涛の如く起こる時期。
親の介護、仕事の仕方、子供の自立、自分自身の老後など悩み始めたらたくさんのことが複合的に出てまいります。

これをアラフィフクライシスなんて言葉で雑誌が不安をあおるように更年期を取り上げています。
このような背景から30代後半から漠然とした不安感を持っている女性が多いのが実情です。

更年期は、閉経前後の5年をいい、その期間に仕事や家事にも支障を来すほどの不調全般を更年期障害と言います。
更年期の10年は、女性の美と健康の女神(女性ホルモン)からの独立を準備し、自由に人生を楽しむ為に必要な期間でもあるのです。

私が所属しているホリスティック医学協会では、ホリスティック医学の定義を人間まるごと、地球まるごと、宇宙まるごとの医学と説明しています。
私たちは、日々の忙しさの中で自然の中で生かされている存在であることを忘れがちです。
更年期の不調は、そんな当たり前のことを気づかせてくれる神様からのメッセージなのです。

IMG_7950

ホリスティック メノポーズセラピーとは、更年期によるお客様の不調、不安、違和感、悩み、苦しみ、悲しみをまるごと受け止めて心身ともの健康を取り戻していただく当サロンのオリジナルセラピーでございます。

他力本願の整体やマッサージは、その時は楽になるかもしれませんが、根本の解決になりません。
ホリスティック メノポーズセラピーは、アロマテラピーをはじめとする自然療法と簡単なエクササイズを組み合わせた本人主体のセラピーでございます。

人間が誰しもが本来持っている自然治癒力を目覚めさせ、筋肉・血管・骨を強化し、時には、心に喝を入れながら人生を生き抜く力を支えてまいります。

老いは、静かに進行し、気づいた時には、怪我しやすく病気になりやすい体を作ってしまいます。
女性の更年期は、自らの老いと向き合う絶好のチャンスです。

年齢を重ねるほどに輝きを増す素敵な女性を目指したいならぜひ、ホリスティック メノポーズセラピーを健康管理に取り入れてくださいませ。

もちろん、必要に応じて専門医のご紹介もさせていただいておりますし、すでに慢性疾患や既往症のある方に関しましても主治医の先生とご相談の上、テクニカルサポートをするご用意もございますのでご相談くださいませ。

 

基本理念

  1. 自分自身の力で不調を改善することを目指します
    「不調になったら助けてもらう」という対処療法ではなく、自らの持つ自然治癒力を目覚めさせるお手伝いをいたします。
  2. バランスのいい生き方を目指します
    「私さえ我慢すれば・・・」という生き方も、「私には関係ない・・・」という無責任もありません。
    すべてにおいてバランスよく生きることを目指すアドバイスをさせていただきます。
  3. シンプルで効率的
    「忙しい」、「面倒くさい」と思われるようなことはありません。できること、続けられることを自分のペースで効率よく行っていただきます。
  4. 安全で無害な自然療法を軸とします
    更年期に入り、落ちた体力と気力に負担をかけず、お一人おひとりに合った方法を行いますので無理をさせません。
  5. 西洋医学的アプローチを否定しません
    お客様の置かれている環境によっては、西洋医学的なアプローチが必要になることもございます。
    それを否定せず必要に応じて専門医を紹介し、不調の改善においてのベストチョイスを目指します。
  6. 依存関係や上下関係はありません
    セラピストは、あくまでもお客様の不調に寄り添い、その時の状況に応じてアドバイスをいたしますが、「私の言うことを聴きなさい」というような誘導、強要、勧誘は一切いたしません。
  7. 治療行為としての位置づけではありません
    更年期に伴う様々な不調に対し、自然療法をはじめとした各療法の活用法をご提案していますが、治療行為そのものではありません。

コース・料金案内はこちら